• facebook
  • instagram

UNIX TOKYO - WORKS

The Treat Dressing

世界中からセレクトした旬のドレスが揃うTHE TREAT DRESSING。
「女性ごころをくすぐる世界観」を追求したブランディングで圧倒的な存在感を放っています。
ユニフォームもその世界観を表現する為の重要なコンテンツとして捉え、現在は8アイテム5種類ものスタイリングを揃えるほど。
それを着るスタッフのヘアメイク、靴、アクセサリーに至るまでの妥協のないこだわりがその強さのファクターなのではないでしょうか。

THE TREAT DRESSING

プロデューサーの山城葉子さんはお店や商品、サービスを創り出すときにそれらが“女性心をくすぐる世界観を提供する”というTHE TREAT DRESSING(以下TTD)のブランドコンセプトに沿っているのかということに終始する。もちろんユニフォームをデザインするときも同様に。

オリジナルユニフォームを制作するときに、「スタッフにヒアリングしたらもっと動きやすくしてほしいという意見が挙がったので、デザインを替えてほしい」「シワに強く、自宅で洗える素材に替えてほしい」と現場の声を聞きすぎて、他にはないデザインの素敵なユニフォームを創るのが当初の目的だったはずなのに、結果無難なデザインで以前とあまり変わらないものになってしまった。なんていうことがあるけれど、彼女は違う。「そのユニフォームを着た立ち姿や、サービスしている姿が生み出す世界観は女性心をくすぐるものなのか?」ということに終始する。
 TTDのオリジナルユニフォームはその目線でこだわって仕上げられたものばかり。ユニフォームのスタイリングは計5種類、8アイテムもあってスタッフが自分の体型や好みに合わせて2種類選べるようになっている。

THE TREAT DRESSING

そこまでこだわる企業ってそうあるものじゃないけれどTTDを見てもらえればきっと納得できるはず。スタッフのビジュアルについてもメイクや髪型に細かなルールがあって、厳しいなって思うかもしれないけれど、妥協のないこだわりが圧倒的な世界観を生み出す要因になっているんだと思う。それってもうほとんどエアライン系と同じレベルで、今では就活女子の憧れの一つになっているそう。「トリートに入社して、あのユニフォームに袖を通したい」という憧れに。

WORKS
  • plan Do See
  • 星野リゾート
  • HALEKULANI
  • THE TREAT DRESSING
  • joie DE treat.
  • Rosette
  • facebook
  • instagram