オリジナル制服は企業のブランディングツール!制服を選ぶ際は女性目線も大切

企業の持つイメージやメッセージを表現できるオリジナル制服の作成は、企業ブランディングの一環として効果的です。しかし、どのような基準で制服を選べばよいかわからない方も多いのではないでしょうか。従業員が着用する制服は、お客様からの印象を左右するものといっても過言ではありません。オリジナル制服を選ぶ際は、自社にふさわしい制服を様々な視点から考えて選定することが大切です。

こちらでは、オーダーメイドの制服を企画・制作するUNIX TOKYOが、オリジナル制服を選ぶ際に重視したいポイントをご紹介します。オリジナル制服の作成を検討されている企業の方は必見の内容となっておりますので、ぜひ参考になさってください。

企業イメージを表現するオリジナル制服を選ぶ際に重視したい3つのポイント

立っている制服姿の女性

オリジナル制服を選ぶ際は、以下の3つのポイントを重視して選定するのがおすすめです。

デザイン性

オリジナル制服は企業イメージを表現するツールのひとつです。オフィスの制服なら企業のイメージカラーを参考にしたり、お店のユニフォームなら内装との雰囲気やバランスを考慮したりと、制服を着用する場所のコンセプトに合ったデザインを選ぶことが大切です。

また、制服のデザインにはトレンドがあります。一過性のトレンドを選ぶと、使用している間に流行が去ってしまうことも考えられます。制服の着用期間を見越した中長期的なトレンド、もしくはトレンドに左右されにくいオーソドックスなデザインを選ぶとよいでしょう。

さらに、オリジナル制服は女性目線を取り入れて選ぶことも重要です。たとえば、シャツの透け感や首元の開き具合、スカートやワンピースの裾の長さなどは女性が気になるポイントです。制服を選ぶ際は、女性への配慮も意識して選定しましょう。

機能性・耐久性

職場環境や業務内容に適した機能性のある制服であれば、効率よく業務を行うことができるでしょう。素材の種類や生地の厚さ、ポケットの位置など、見た目だけではない機能性も大切です。これらを確認するためには、制服のサンプルを取り寄せて実際に着用してみるのがおすすめです。

また、毎日のように着用する制服は耐久性があるものを選びたいところです。デザイン性がよくても、洗濯をするとすぐにヨレヨレになってしまうようでは、毎日着用する制服に向いているとはいえません。長く使い続けても劣化しにくい、耐久性のある素材を選びましょう。

手入れのしやすさ

制服はお客様からの印象を左右するものであり、清潔感を維持することが欠かせません。従業員が汚れやシワの付いた制服を着ていると、企業のイメージを損なう可能性があるからです。

制服の清潔感を保つには、汚れやシワが付きにくくお手入れのしやすい素材、もしくはこまめな洗濯やクリーニングをしても形崩れのしにくい丈夫な素材を選ぶとよいでしょう。

オリジナル制服の企画・作成・販売を行うUNIX TOKYOでは、デザイン性の高い完全オーダーメイドの制服を小ロットから作成いたします。機能性や耐久性に優れ、長期的な運用を見据えた追加生産も可能です。他社とかぶることのないオリジナル制服は、企業のブランディングの一環としても効果的です。

安全オーダーメイドのオリジナル制服ならUNIX TOKYOへ!男性・女性問わず愛されるデザイン

紙でできた二つの制服

オリジナル制服を選ぶ際は、デザイン性や機能性、お手入れのしやすさを重視して選ぶのがおすすめです。制服は企業のイメージを決めるものであるため、妥協せずに納得のいく制服選びをしましょう。

オリジナル制服を企画・制作するUNIX TOKYOでは、企業価値を高められるオリジナリティーの高い制服をご提供いたします。制服に求められる機能性や耐久性も兼ね揃え、長期的な運用が可能です。オリジナル制服の制作をお考えの方は、UNIX TOKYOまでお気軽にお問い合わせください。

オリジナル制服の注文をお考えならUNIX TOKYO

会社名 UNIX TOKYO株式会社
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目1−1 明治安田生命ビル 10F google map
電話番号 03-5220-7128
URL https://unixtokyo.jp/
代表者 代表取締役 堀 和博
事業概要
  • オリジナルユニフォームの企画・制作・販売
  • アパレルブランドの運営
  • セレクトショップの運営
  • ウェディング小物の企画・制作・販売