6th by ORIENTAL HOTEL 6th by ORIENTAL HOTEL

6th by オリエンタルホテルのユニフォーム

6th by ORIENTAL HOTEL

港町をテーマにしたこのレストランのユニフォーム

バスクシャツ。もとは南仏や北スペインの港町で船乗りが着ていた服。ボートネックにリブのない袖、アイコニックなボーダー柄。今ではファッションの定番のひとつとして、老若男女が愛好している。港町をテーマにしたこのレストランのユニフォームは、なんとそれだけ。ひとりだけなら私服のよう。でもみなが揃えば、こんなにも仲間になる。

6th by ORIENTAL HOTEL

これが制服だと聞いたときは、少し驚きました。
たしかに店の雰囲気には合っているけれど、有楽町という大人の町にはカジュアルすぎるような気もして。
でも働いていくうちに、わかりました。
これでよかったんですね。紺と白のボーダーは汚れが付いても目立ちにくいし、ユニフォームが気楽なぶん、身だしなみやコーディネートに気を使うようになる。

親近感と誠実さ。
お客さまに与える印象のバランスが、ちょうどいいのかもしれません。

6th by ORIENTAL HOTEL
6th by ORIENTAL HOTEL

朝、仲間がお店にやってきて、どんどんボーダーが集まってくる。その景色を見ていると、今日もやるぞっていう気持ちになっていくんですよね。

6th by ORIENTAL HOTEL

WORKS TOP

OTHER CONTENTS

お問い合わせは下記のリンクのフォームよりお気軽にご連絡ください。