UNIX TOKYO - OUR BASIC

OUR BASIC

ゴールドプレスジュース.jpg

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.063
  • /
  • 16,Sep,2016

SUNSHINE JUICE のコールドプレスジュース

世の中には様々な職種がある。弊社も、様々な業種のお客様のユニフォームを手掛けさせて頂いている。もちろんであるが、業種によって、仕事内容も様々。ただ一つ共通して言えることは、「体が資本」という事。筆者も、気づけば33歳。20代の頃のように、何もせずに毎日体が元気というわけにはいかなくなってきた。特に、食べ過ぎて、飲みすぎた翌日には...。そんな時、2年ほど前から飲んでいるのが「SUNSHINE JUICE のゴールドプレスジュース」。一定期間、固形物を食べないで消化器官を休めることで、普段から「消化」に使うエネルギーを、体に溜まった老廃物の「排出」に使い、毒素を外にだし、体を内側から浄化する。モデルさんとかは1週間とか行うようだけど、私は1日。それだけでも、体がスッキリと軽くなる。想いと体がリンクしなくなってきた方々には、是非お勧め。

IMG_8990.JPG

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.062
  • /
  • 31,Aug,2016

youngandolsenのリブTシャツ

この服を着ていると、街で、職場で、時には友だち同士でかぶる確率がダントツに高い。それもそのはず、昨年の夏に初めてリリースされて以来、追加生産をしては完売を繰り返しているアイテムだ。天竺素材が使われているため、サラリとした肌触りが着ていてなんとも気持ちいいし、スリムパンツでもワイドパンツでも合わせやすく、無意識のうちに手が伸びてしまう。今年から、From Where I Standでも取扱いが始まったことがきっかけで、気が付けば私のクローゼットには、袖ありと袖なしを合わせて4枚保管されている。気兼ねなくガンガン洗えて使い勝手がよいこのリブは、スタンダードなアイテムとしていつまでも愛用したくなるのである。

スタンスミス.jpg

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.061
  • /
  • 26,Aug,2016

adidasのSTAN SMITH

説明不要?なほど、誰もが知っている、履いたことがあるadidasの「STAN SMITH」。発売は1971年と歴史の長く、ベンチレーションホール(通気穴)のあるレザー製テニス用スニーカーは当時では非常に画期的で、世界中のファンから高い支持を得て1991年当時の段階で2200万足もの販売数を誇ったスニーカー。ギネスブックには「世界で一番売れたスニーカー」として認定されている程の定番スニーカー。元々は1965年に「ロバート・ハイレット」というテニスプレーヤーの名を冠して作られたモデルで、「HAILLET」という名前で登場したが、後にアメリカのテニスプレーヤー「スタン・スミス」が、このスニーカーを愛用して活躍した事により1970年代の中盤から、彼のイラストとサインを入れて、スニーカーの名前も「STAN SMITH」に改名されて販売される事になった歴史深い逸品。誰が言ったのか、「オシャレは足元から」。その日のコーディネートをどのアイテムから決めるのかは人それぞれ。筆者に関して言えば、靴はいつも最後。「靴にポイント」を持ってくるコーディネートをしない筆者にとって「靴」とは、ボトムを「引き立てる」というより、「邪魔しない」事を重視している。そんな筆者にとって、STAN SMITHは長い付き合いになっている。最大限の賛辞の言葉として「丁度いい」。迷ったら、手に取っている。恐らく、一生履き続ける事だろう。まさに「OUR BASIC」そんなアイテム、人それぞれあるのではないだろうか。

IMG_8509.JPG

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.060
  • /
  • 20,Jun,2016

リバイタラッシュ

朝がめっぽう弱い私にとって、朝の準備の大半を占めるメイク時間をいかに短縮するか、というとこから始まったまつ毛の育毛。それ以前は、まつ毛エクステを施していたが、扱いが雑な私には向いておらず断念。そんな時に出会ったのが、リバイタラッシュだった。今はメディアに取り上げられ、サロン等でも扱いがあるが、その当時はまだ無く試すのに勇気がいった。でも、そんな心配は使い初めて直ぐ消え去った。みるみるうちに、まつ毛にハリが出て濃くなり、まるでエクステを施しているかのような長さまでになっていった。うっかり瞼に付けてしまうと、そこから産毛がうまれるほどの効き目である。実はこのリバイタラッシュ、がん治療により細く薄くなってしまった妻のまつ毛のために、夫であり医師のマイケル・ブリンケンフォーフが開発したものだそう。1人の女性のために作られたモノが、世の中の女性を喜ばす商品になっていると思うととても感慨深い。そして私もその1人であり、これからも私の心の奥に根付き続け、使い続けるであろう。

aesop.JPG

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.059
  • /
  • 08,Jun,2016

Aesopのマラケッシュインテンス

彼女からの一筆箋には"あなたは(あんた)は何もわかってない"と怒りの思いが記され、読み終えた直後微かに嗅ぎ慣れたANNA SUIのオードトワレの香りが鼻をかすめた。とかっこよさげに書いてみたが、自分から別れを告げたにもかかわらずその香りが忘れられず、もう一度やり直そうと掛け合ったけど見事に振られたというのが、香りにまつわる僕の初めての思い出だ。いつかこの香りはあの人だと思い出されるような香りに出会いたいと思っていたが、就職先がレストランとウェディングを生業とするところだったので香りは控えようということになった。それに、何かの本で何も付けないほうが汗に含まれるフェロモンでモテるとも聞いたことがある。そう信じ込んで香りへの想いはしまいこんでいたのだが、洋服の仕事をするようになり造形を深めるとやはり香りも洋服のように個性であり、身にまとうべきものだと思うようになった。香りには好みがあるし、男性が香りを身につけることをポジティブに捉えない人も多くいるのは実感しているのだけれど、この歳になってくると人にどう思われるということよりも自分がどうありたいかを優先するようになるので、香りに目覚めるにはいい頃合いだったのかもしれない。僕が出会ったイソップのマラケシュはトップは女性らしくカシスを連想させるのだけど、ラストは男性らしいサンダルウッドがじんわりと残る。洋服は毎日変えるけど、香りは変わらない。まるでユニフォームのようにその人の有り様を表現してくれる。この香りがいつどこで人に影響を与えるかわからないけれど、できれば良い思い出とともに香りも記憶されることを願うばかりである。

エアリフト.jpg

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.058
  • /
  • 06,Jun,2016

NIKEのAIR RIFT

最近実家に帰省した際、ある写真を見て衝撃的な出来事があった... 日本の"足袋"を彷彿とさせるスニーカーとサンダルを融合させたような独特なデザインを持つ「NIKE」の名作"AIR RIFT(エア リフト)"。ケニアのリフト・バレー州を名前に冠する本モデルは、裸足で走るケニアの長距離ランナーから着想を得てデザインされており、足のより自然な動きを促すフットウェアの領域へと進出した記念碑的1足と言っても過言ではない。スニーカーブームの真っただ中とも言える1996年にリリースされた当時も、高いフィット感と独特なソール、そして特徴的なスタイルで話題を呼び、大々的なプロモーションを行わなかったにも関わらず多くの消費者を魅了した。もちろん、その輝きは20年近く時を経た現在でも失われておらず、当時を知る人はもちろん"エア リフト"を知らない若い世代もぜひとも手に取り、足に履き、この魅力を実感してもらいたい。そんな私も、昨年の復刻版に"初めて"エアリフトを履いてから、様々なパンツに合う万能さに虜になっている... 話は冒頭へ戻り。帰省時に、幼い頃のアルバムを見ていた際、目に留まった写真があった。筆者が中学一年生時の、自身が写った一枚の写真。洋服は、まぁスポーツマンだった当時らしく上下ジャージだったが、そんなスタイルの足元には"エア リフト"を履いていたのだった。記憶が全く無く、親に聞いてみたところ、「今までの靴で一番カッコいい‼」と言って、ボロボロになるまで履いていたそう。曲がりなりにも服の仕事をさせて頂いており、様々なスタイルを学んでいるものの、自分の好みは変わらないものだなと感じた出来事だった。そう、昨年履いたエアリフトは、"初めて"ではなく、"二足目"だったのだ。

image1 (46).JPG

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.057
  • /
  • 20,May,2016

金鳥の蚊取り線香

日本の夏。花火・祭り・海水浴・プール・浴衣・蛍・スイカ・・・数え上がればキリがないが、忘れてはいけない、金鳥の蚊取り線香。マンション暮らしが長いせいで、近年中々使用する機会が減っていたのだけれど、この前祖母の家で久しぶりにこれを見かけて、なんだか懐かしい気持ちになった。小さい頃、外で遊ぶ時やBBQする時、必ずと言っていいほど炊いてあった金鳥の蚊取り線香。昔はこの匂いが嫌いで逃げ回っていたのに、大人になった今、この匂いを嗅ぐとなんだかほっと、懐かしい気持ちになる。成分は安心安全、虫の殺虫効果はあるのに、人間には無害。超音波式の便利な蚊取り線香が出ているにも関わらず、今もなお小さい子を持つ親御様からも絶大な指示を得ているそう。そんな金鳥の蚊取り線香、色々調べているうちに、未来技術遺産に登録されていると知って驚いた。また、何の気なしに見ていたあの渦巻きも、当時機械のネジが緩むということで犬猿されていた左巻きを採用し、蚊取り線香と言えば右巻き!が主流だった時代に他社と差別化を図ったそうだ。"思いつきそうで思いつかない"この発想こそ、100年以上続くロングセラーの秘密だった。キンチョ―の夏。日本の夏。

IMG_7973.JPG

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.056
  • /
  • 18,May,2016

シュウエムラのクレンジンング

90年代も終わりのころ、一世を風靡したシュウエムラのクレンジング。そのころ、まだ化粧とは無縁だった私だが、多くの雑誌に取り上げられていたと記憶している。最近、ひょんなことがきっかけで、シュウエムラのクレンジングに再注目したのだったが...ブランドの信念や拘りはずっと変わっておらず、その中で進化し続けている姿勢が見て取られ、好印象をもった。クレンジングにしては高い値段設定だったが、化粧水とクリームを足しても千円のプチプライスのモノを使ってるし...と思い購入。それから使い続けるうちに自分の肌が好きになり、自信を持たせてくれた。そして手放せなくなり、私のベーシックに仲間入りしたのだった。そもそも、ベーシックになり得る本質って何だろう。きっとそれは、どんなモノに対しても「単純にすき」という感情に加え、「使用者の持ち味を引き出して、際立たせてくれる要素を持っていること」ではないだろうか。今回の商品を通して、そう思わずにわいられない。

ランドレス.jpg

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.055
  • /
  • 06,May,2016

THE LAUNDRESSのファブリックケアアイテム

『THE LAUNDRESS(ザ・ランドレス)』は2004年3月、ニューヨークでスタートしたファブリックケアのスペシャリティブランド。ドライクリーニングを使用せず大切な服を自分で洗い、ケアすることをテーマにスタイリッシュで環境にも配慮されたファブリックケアアイテムを展開。日常の洗濯に使用するベーシックな洗剤や柔軟仕上げ剤はもちろんのこと、白い衣類用、濃い色の衣類用、ベビー用ファブリックに特化した汚れに強い洗剤やデニム専用洗剤、本来ドライクリーニングでしか洗うことのできなかったウール&カシミアなどデリケートな素材に特化した洗剤など、素材に合わせてこだわった製品がラインナップされている。また、全てのアイテムは石油系原料を廃して植物性原料のみを使用おり、お洗濯後の排水は99%生分解され自然に還る。いわば、私たちの暮らす地球や動物たちに優しいものづくりを行っている。自宅でも使用しているが、出張の多い私は、機内にも持ち込める"トラベラーズキット"も愛用している。人間が健康の為に食事・栄養を気を付けるように、大切な洋服の為に生地・素材に合った洋服が喜ぶ洗剤を。

basuoil.JPG

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.054
  • /
  • 25,Apr,2016

AROMATHERAPY ASSOCIATESのバスオイル

バスグッズ。私がこだわっているアイテムの1つ。そんなバスグッズの中でも今回はバスオイルをご紹介。(なんだか最近オイルの記事が多いが、乾燥肌な私には欠かすことのできないアイテムなので、暖かく見守ってほしい。)アロマが好きな方はご存知かもしれないが、アロマテラピーアソシエイツのバスオイルはすごい。バスオイルと聞くと、湯船に油が浮くのが気持ち悪い。とかお風呂掃除が大変。とか、マイナスの意見も耳にするが、そんな心配をする前に、一度使ってほしい。アロマセラピーアソシエイツの品質の確かさは、原料へのこだわりから生まれている。最も香り高く、また同時に繊細でもある原品種の芳香植物だけを、選ばれた地域の栽培者との共同作業で大切に育てており、 化学除草剤や農薬は一切使用しない。これだけで製品への強い拘り、品質の高さが伺えると思うが、一度使用すると、その心地よさが忘れられずについもう一度、そして毎日使いたくなる。香りの持ちもよく、保湿効果も抜群。これを入れて入浴した時としてない時とでは睡眠の質も全然違う。ぜひ、騙されたと思って一度使ってほしい、究極のバスオイル。(個人的にはLight reluxがおすすめ。色んな香りがあるので、自分だけのお気に入りを見つけて欲しい。)

IMG_7597.JPG

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.053
  • /
  • 21,Apr,2016

ヘレンカミンスキーのハット

ヘレンカミンスキー。なかなか聞き慣れない名前だが、オーストラリア発送の帽子ブランドである。日本の10倍と言われるオーストラリアの強い紫外線から子どもたちを守るために帽子を作ったことがブランドスタートのきっかけ。帽子を被る対象が子どもだったこともあり、天然素材に拘って作られている。その素材というのが、ラフィアという椰子の若い葉っぱ。そして、これを採るときも木に新しい芽が生まれるような方法がとられており、自然を壊さないよう配慮がなされている。肝心な被り心地はというと、良くないわけがない。ラフィア素材ゆえにとても通気性がよい。誰もが経験したことがあるあの帽子特有の蒸れは、ヘレンカミンスキーに限っては一切起こらない。これからの季節、もし、どこかでこの帽子と出会ったら1度手に取ってほしい。

tori-tomennto.JPG

  • unixtokyo
  • /
  • uniformsick
  • /
  • no.052
  • /
  • 08,Apr,2016

KERASTASEのヘアオイル

学生の頃から、髪型を変えるのが好きだった。ロングヘアからいきなりショートにしたり、ヘアカラーをしょっちゅう変えたり。時にはレゲエアーティストの人の様なボリュームパーマをかけたり、ブリーチを何度もしたり。そんなことをしていたので、もちろん髪の毛は傷む。そこで人一倍気を遣っていたヘアケア。サロン専売のシャンプー・トリートメントはもちろん。とにかく気になる新製品を見つけると試していたあの頃。ヘアスタイルもヘアカラーも落ち着いた今ではあの頃までこだわってはいないがそれなりに気を使っているつもりの筆者が今回おすすめしたいのが、KERASTASEのヘアオイル。今まで試したヘアケア製品の数は果てしないが、いつも気が付くとこのKERASTASEに戻ってくる。当時の苛め抜いた髪の毛も、ノーマルな今の髪の毛も、決して差別することなく労わってくれるこのオイル。これからも私は他の新商品に浮気する事があるんだろうけど、帰ってくる場所はきっとここなんだと思う。

ARCHIVE

UNIX TOKYO - COLUMN

中室太輔の「ユニフォームって」

中室 太輔

1981年生まれ / 東京都出身
(株)ベイクルーズ内メンズブランド「edifice」にて販売職、プレスを経て、同社退社後2008年に国内外のファッションブランド、スポーツブランドを中心にPR、プロモーションを手掛ける「muroffice Promot ion Planning」を設立し、代表兼ディレクターを務める。

珍事。

 「ピンストライプのユニフォームの重さというのは野球を経験した者にしかわからない」

 これはかつて、対戦するバッターのバットをその豪速球でしびれさせたことから“クラゲ”とも呼ばれ、日本のプロ野球、そしてアメリカのメジャーリーグで活躍した故 伊良部投手がニューヨークヤンキースの入団記者会見で放った有名な言葉である。伝統のユニフォームというのはその道の人からするとやはり相当特別なものなのだろう。まあ、同氏の場合は自分の体重の方がだんだんと重くなってきていた感があるのは否めないところだが、それはさておき、これはそのユニフォームを着る側ももちろんそうかもしれないが、そのチームと対戦する側の方がむしろある種の特別な感情を抱きすぎて、見えない何かに圧倒されてしまうのも少なくないのではないだろうか。私の友人は高校時代にサッカーのインターハイで強豪 帝京高校と対戦して見事に惨敗したらしいのだが、その友人は「今思えばあの黄色いユニフォームが視界に入った試合前の練習の時点で負けていたのかもしれない」と話していたほどだ。

 高校におけるメジャースポーツのこの季節に開催される全国大会といえば、高校野球の“夏の甲子園”である。全国から各都道府県の予選を勝ち抜いた高校の球児たちが夢の舞台『甲子園』で夏の炎天下の中連日熱戦を繰り広げるわけだが、もちろん高校野球にも“甲子園常連校”と言われる強豪高校があり、そのどれもが他のチームを対戦する前から圧倒する力を持つ伝統のユニフォームである。その中に奈良県の智弁学園と和歌山県の智弁和歌山という高校がある。この二つは言わば同じ系列高校であり、両校とも言わずと知れた甲子園の常連校だ。その両校を巡って、かつてスポーツにおけるユニフォーム史に残るある珍事が甲子園で起こった。それは2002年のこと。両校ともニ回戦を勝ち上がり、三回戦でこの両校が対戦することに

なったのだが、ここからがその珍事の幕開けである。何を隠そう、この二つの高校のユニフォームは肩に入った校章と県名の刺繍以外“全く同じ”だったのだ。これは試合をしている本人たちもそうだったと思うが、見ているこちらも非常にややこしかった。全く同じユニフォームのピッチャーとバッターが対戦し、スリーアウトチェンジ後も全く同じユニフォームのピッチャーとバッターが対戦するのだ。見ている方はどっちが先攻でどっちが後攻なのか頭の中はごっちゃごちゃである。結局試合の方は7-3で智弁和歌山が勝利したのだが、試合終了後ホームベースを挟み両チームが挨拶をしてお互いがお互いを讃えるために握手したり抱き合ったりして、もう誰がどちらのチームの選手か分からなかった。負けた智弁学園の選手が勝った智弁和歌山の選手にまぎれて勝利の校歌を歌っても分からなかっただろう。いや、智弁学園の全員が智弁和歌山の方に入って勝利の校歌を歌っても「智弁和歌山ってベンチにいっぱい人が入っていたんだね」ぐらいにしかならなかったと思う。そんな珍事を起こしてしまうのも集団を象徴する『ユニフォーム』の魅力の一つなのかもしれない。

2016.07.25
ARCHIVE

PHILOSOPHY

「人はその制服の通りの人間になる」
ナポレオン・ボナパルトの言うように、ユニフォームは、人そのものを表現しているのかもしれません。
つまり、企業に所属する以上、その人が着るユニフォームは企業イメージの表現者になるのです。

顧客は、商品を見る前に人を見ています。
企画書を開く前に、商品を見る前に、出会った瞬間のその人の印象で、ほとんどのことが判断されているのです。
シワのついたシャツを着た営業マンの話が、ひどくいい加減に聞こえるように、
オーバーサイズのスーツを着たホテルマンのサービスが煩わしく感じるように、
時代遅れのワンピースを着た販売員のアドバイスが耳に入らないように。

UNIX TOKYO は、「自分のクローゼットの1軍レベルの商品しか作らない」と決めています。
「制服だから仕方がなく着ている」のではなく、「普段着で購入したい」レベルのユニフォームを作っています。
清潔感のあるユニフォームをジャストサイズで着る。
それだけで、問題の8割は解決するでしょう。
そして、その上でトレンドに敏感である必要があります。

服のちからを、ユニフォームの影響度を、過少評価してはいませんか?

自信を持って心からお勧めできる商品。
その商品を提供しているのは人なのです。

UNIX TOKYO は、ブランドコンセプトを体現するユニフォームを作っています。