利用者の不安をなくす装いを

千葉県にある八千代病院を中心に10の病院・施設を運営される医療法人社団 心和会の皆様の制服をご紹介します。

患者様や利用者の方にとって心が和む環境を大切に、空間や食事などにおいても細やかな心配りをされていらっしゃいます。その取組みの一つして、利用者の不安を和らげるユニフォームを制作したいとお問い合わせをいただきこちらの制服の導入がスタートしました。

一般的に医療機関で着用されているような白いセットアップやスクラブではなく、一見すると看護師らしくない方が受診時の不安を和らげることができるのではないか、このようなお話から制服のコンセプトを導きました。

白とブラウンの配色に、ノーカラーやラウンドカラーのデザインを掛け合わせた優しい印象を与えるトップス。こちらにベーシックなパンツを合わせる2種のユニフォーム。

現在では導入当初の配色に加え、開業される度に施設に合わせて異なる配色の制服を導入していただいています。

職種の特性に合わせた制服をお作りするケース多い中、今回は固定概念に囚われず、あえて看護師らしさをなくしたものを制作。機能性はもちろん、制服が与える印象を重視されたオーダーメイドの事例となりました。

 

医療法人社団 心和会

千葉を中心に11の施設を運営。人としての尊厳と心和む環境を大切にし私も受けたいと思えるようなサービスを提供してくれます。

https://www.harmonichearts.or.jp/

[ 制作アイテム ]
ブラウス・パンツ