SKY MARK

エアライン

新生スカイマークの象徴

スカイマークは、1996年の設立から20年を迎える節目で「新生スカイマークの方針」を掲げました。

その一環として刷新された制服は「愛されるスカイマークブランドの定着と、社員が誇りと愛着を感じる制服」をコンセプトに社内でデザイン案を募集、それを形にすることが本プロジェクトにおける私達の役割でした。

最終5案に絞られた段階でデザイン画を立面に起こし、全てのサンプルを作りました。素材選びや洋服としても仕立て映えするシルエット、機能面でのアドバイスはするものの、あくまでもデザインは社員の方々のもの。そこがこのプロジェクトで最も大切なことだと理解しました。今回の方針には「日本一社員満足度の高い会社」を目指すことがベースとして示されていたからです。 全社員のアンケートを取り、各空港でのヒアリングを経て最終決定に至った制服は、従来のカジュアルなポロシャツのイメージとは一転、ワンピース、スカート、パンツスタイルにジャケットを着用、スカーフをプラスした安心感と信頼性を感じさせるものになりました。

社員の方々の強い思いが詰め込まれた制服は、新生スカイマークの象徴なのです。