引き算から導いたユニフォーム

毎年、国内外から多くの観光客が訪れる、京都。その玄関口の地に京阪ホールディングスのフラッグシップホテル、THE THOUSAND KYOTOが開業しました。

こちらは、グループ初の試みであるラグジュアリーホテル。

”京都の豊かな知恵に触れる”をコンセプトに、ダイナミックな空間構成や、引き算から生まれるミニマルなデザインが随所に散りばめられています。

こちらのユニフォームを作るにあたり、私達はホテルを表現する上で欠かせないワードを拾い上げることから始めました。

京都の知恵

おもてなしの精神

引き算のデザイン

機能美

自然との調和

これらを昨今のトレンドとも言えるミニマリズムなスタイルに集約し、ノーカラーのジャケットをホテルの顔とするユニフォームをお作りしました。

制服としては珍しいアースカラーやニュアンスカラーの淡い色味で仕立てたシンプルなセットアップは、空間の一部として馴染むようにとご提案。汚れが目立たないようにと避けることの多い配色をあえて取り入れた個性ある、美しい佇まいです。

着るほどにその場所に馴染み、風景の一部となっていく。それがユニフォーム作りの面白さなのかもしれません。

 

THE THOUSAND KYOTO

京都駅から徒歩2分と好立地な全222室のラグジュアリーホテル。和食やイタリアンにカフェ・バーなど、上質で落ち着きある空間で快適な時間を提供してくれます。

https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/the-thousand-kyoto/

[ 制作アイテム ]
ジャケット・パンツ