必要以上に作らない

必要以上に作らない

2020.09.10
環境について

日本では洋服が毎年30億着生産され、15億着が新品のまま廃棄、または焼却処分されています。

人口が減少する中、生産量が増えた最も大きな原因はファストファッションの誕生とされています。例え余ったとしても大量に作って安く売った方が儲かるわけです。

そして余った服は何もなかったように捨てられるのです。目をくらますかのように積極的にリサイクル活動を謳うわけですが、果たしてリサイクル素材を使えばそれで良いのでしょうか?

あるべき正しい答えは必要な量だけ作り、消費者の手に渡すことだと考えています。

私たちは基本的に在庫はしません。一部在庫して販売するものもありますが、必ず売り切り、捨てることはありません。

地球の資源は有限です。