異素材の組み合わせで悩みを解決したユニフォーム

アジアの世界を旅するサロンをコンセプトに、ヘッドスパからフェイス、デコルテ、フットまで古くから受け継がれてきた伝統的な東洋医学や健康・美容法に基づいたリラクゼーションを受けることのできるフットセラピー。店舗の内装リニューアルに合わせて、スタッフのユニフォームのリニューアルをお手伝いしました。

当時身に着けていた制服は既製品なので、オリジナリティがほしい。

トップスにはオイルが付着するのでエプロンはあった方がいいのでは。

動きやすいトップスとパンツがほしい。

このようなご意見から生まれた新しいユニフォームは、チュニック丈のトップスにパンツを合わせたシンプルな装いとなりました。

リラクゼーションサロン=エプロンという概念を脱却すべく提案したのは、特徴の異なる2種類の生地を合わせたトップスのみのスタイルです。

上部は汗をかきやすいために吸水速乾のある生地を、水やオイルが付着しやすい下部には撥水加工の生地を組み合わせました。

エプロンをしなくても汚れやそれによるシミを気にぜず、長く運用していただけるアイテムです。

ビックシルエットでドロップショルダー、チュニック丈という工夫がこの上ない動きやすさを叶え、仕事中のストレスも解消。既製品にはない、オーダーメイドならではの制服が誕生しました。

店舗リニューアルとユニフォーム一新が重なったこちらの案件は、ブランディングの確立に制服という要素をうまく利用していただいた事例となりました。

 

フットセラピー株式会社

東洋とアジアに伝わる伝統手技療法を独自にリノベーションしたビューティースパ&リラクゼーションの専門ショップ、フットセラピ―/アジアンハーブス。

http://www.foottherapy.jp/

[ 制作アイテム ]
トップス・パンツ