オーダー制服をレストラン・ホテル・会社に導入する際に重要な3つの視点

仕事の効率アップやブランド力のアップなど、様々なメリットのある制服を会社に導入しませんか?オリジナルの制服のオーダーは、レストランやホテルだけではなく、幅広い業種に広まっています。

こちらでは、レストラン・ホテル・会社の理想の制服をオーダーする際に重要な、3つの視点についてご紹介します。ぜひ制服づくりの参考にしてください。

レストラン・ホテル・会社の理想の制服をオーダーする際に重要な3つの視点

人形のウェイターとウェイトレス

オリジナルのオーダー制服には、スタッフとお客様を区別する役割だけではなく、様々な役割があります。レストラン・ホテル・会社で理想の制服をオーダーする際には、制服を着せる側の「企業」、制服を着用する「スタッフ」、制服を見る「お客様」の3つの視点が重要となります。

視点1.制服を着用する「スタッフ」

「心地よさ」を追求した快適な制服は、スタッフの働く意欲をアップさせます。また、おしゃれなデザインの制服であればモチベーションもアップし、スタッフが生き生きと働くことで、仕事の効率もアップします。

実際に制服を着用するのはスタッフですので、スタッフに喜んで着用してもらえるように、快適さや心地よさなどの機能性だけではなく、デザインやカラーも重視した制服を作ることが重要です。

視点2.制服を見る「お客様」

「丈夫で長持ちする生地」や、「動きやすさに重点を置いたデザイン」など、機能性ばかりを重視したオーダー制服は、トレンドからかけ離れたデザインであることがほとんどです。このような制服は、制服を見る側であるお客様に、「ダサい」などといったマイナスの印象を与えてしまいます。

制服のイメージはそのまま企業のイメージにつながりますので、制服をオーダーする際には、ほどよくトレンドを取り入れた、お客様が憧れるようなデザインも意識しましょう。

視点3.制服を着せる側の「企業」

制服は企業の看板のようなものです。競合するレストラン・ホテル・会社との差別化を図るだけではなく、ブランド力をアップさせる面でも、制服が重要な役割を果たします。経費削減が叫ばれる中で、オーダー制服を導入することは、企業にとって非常に大変なことです。

しかし、コスト面ばかりを気にしていては、スタッフのモチベーションアップやお客様からの印象アップにはつながりません。理想の制服を作るためにも、企業・スタッフ・お客様の3つの視点を大切にしましょう。

UNIX TOKYOの制服づくりのこだわり

仕事をしているデザイナー

通常、制服を作る会社のほとんどで、営業と企画デザインの部門や担当者は分かれています。しかし、UNIX TOKYOでは、営業・企画デザイン・生産管理・アフターフォローまで、営業スタッフが一貫して担当する「一顧客一担当制」を取っています。

決して効率的ではありませんが、お客様のイメージをダイレクトにデザインへ反映できるため、イメージ通りの制服に仕上がると大変喜ばれています。理想の制服を導入したい方や、デザインにこだわりたい方は、ぜひUNIX TOKYOに制服づくりをお任せください。

オリジナルデザインの制服はUNIX TOKYOでオーダー

オーダーメイドの制服は、他社と被らないデザインが手に入れられるだけではなく、サイズ展開が豊富なことも大きな特徴です。

企業のブランディングツールとしても欠かせないため、制服をオーダーするならぜひUNIX TOKYOへお任せください。もちろん、小ロットからのご注文も可能です。制服の追加やお直しなど、制服に関するお悩みも承ります。

オリジナル制服のオーダーをお考えならUNIX TOKYOへ

会社名 UNIX TOKYO株式会社
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目1−1 明治安田生命ビル 10F google map
電話番号 03-5220-7128
URL https://unixtokyo.jp/
代表者 代表取締役 堀 和博
事業概要
  • オリジナルユニフォームの企画・制作・販売
  • アパレルブランドの運営
  • セレクトショップの運営
  • ウェディング小物の企画・制作・販売